児童発達支援・放課後等デイサービス「子どもたちに魔法をかけよう」
平日11:30〜19:30・日祝10:00〜18:00
定休日 火曜日

チットチャットダンススクール

こんにちは、高槻店です!

 

先日高槻店にて、ダンススクールが開かれました。
まるでインストラクター付きの個別レッスンのようで、つい私も参加してしまいました。

というのも、ちょうど高槻店に来てくれたスタッフのやっすんが実はダンスを専門にやられていて、せっかくのこの機会ということで開催させていただきました。

とはいうものの、いざ「ダンスをやろう!」と言っても「嫌だー」「やりたくない」と言う子が多いかと思います。
なので、急にダンスから取り組むのではなく最初は違った形から取り組んでいきました。

それが『ラダー』でした。
ラダーを置き歩いてみて走ってみて、その次に足をクロスさせる動きを行いました。

ゆっくり落ち着いて取り組めると、左右に動きながらもできました。
ただ行うだけでなく、1・2・3・4のリズムを取りながら、4の時にクラップ(手拍子)を入れながらと課題がスモールステップで上がっていきました。

 

あれ、なんだかリズム感のある動きになってる?まさかダンス?

 

そしてラダーを片付けてのチャレンジです。
段々と動きにスムーズさが出てきているのが、一緒にやっていく中でみんな感じていました。

そこでやっすん先生から「ボックスをやろう!」とのご提案が。
ここまで来たらからだを動かすのが面白いと思っていたようです。先生の動きに必死についていっていました。
ボックスとは、四角形の頂点を左右の足で交互に踏んでいくイメージのステップです。
文章にするとわかりにくいですね、ぜひ調べてみてください。

 

そして「動きを組み合せていこう!」との掛け声で、一気にダンスらしい動きとなっていきます。
ノリノリで取り組めていたからか、回転するステップも取り入れたりで最後には決めポーズまで練習しました。

 

一通り練習して、いざ音楽にのせてのダンスです。

スタートの姿勢

 

ボックスステップ

 

左右にステップ、クラップ!

 

回転して

 

蹴り上げ

 

決めポーズ!

短い時間でしたが、息を合わせてみんなで踊っていい雰囲気となりました。
感想を聞くと「まぁ、楽しかった。」とのお言葉が。笑顔で楽しむことができてよかったです。

 

何故ダンスをやったかというのにはもう一つ理由がありました。
それは「体育で行うから」です。

文部科学省より中学生の体育では柔道・剣道・ダンスが選択種目になりますと通達がありました。学校ごとに何を選択するかは変わりますが、ダンスはよくやられるようです。
今回一緒にやってくれた子は4月から中学生になるということで、先取りをしたく進めさせていただきました。

体育でダンスを行う、という内容で楽しみながらできるのか。
からだを動かすこと・自分を表現することに少しでもおもしろさを感じてくれればいいなと思います。

またどこかでダンススクールが開催されるかもしれません。
その時はぜひみんな一緒に、

Let’s ダンシング!!

高槻店 えんどぅ