児童発達支援・放課後等デイサービス「子どもたちに魔法をかけよう」
平日11:30〜19:30・日祝10:00〜18:00
定休日 火曜日

【終了】チットチャット・コーチ養成講座 初級(2017年12月17日)

発達障がい児のためのチットチャット養成講座 初級

日時
2017年12月17日(日)午前10時から16時まで
*本講座は終了しました*

会場
チットチャット・スポーツ塾3号店内研修センター
(大阪市中央区南船場1-3-21 グラスコートビル2F
地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町」、堺筋線「長堀橋」駅 1番出口より徒歩5分)

定員
先着15名

費用
21,600円(資料代、修了書発行、消費税込み)
*再受講の場合は10,800円です。

コーチ講座受講者からの「声」

認定チットチャット・コーチ M・Mさん
初級・中級・上級コースを3ヶ月間で一気に受講させていただき、正直、もっともっと詳しく色んな話(内容)を学びたかったり、ディスカッションしたかったように思っています

受講するまでは、娘の子育て経験で学んだ事、また保育士として保育や療育の中で経験しながら学んだ事を実践してきていました。受講する中で、それらがあながち間違っていなかった事に安心すると同時に、知らなかった事や不十分だった事もたくさんあって、本当に勉強になったり自信にも繋がっています。

受講した中で特に“目から鱗”というか納得したのが、「運動発達の順序]と[原始反射]でした。どちらも保育士の資格取得の為に勉強した事ではありましたが、どちらも表面上というか〈こんな事がある〉〈こんな順序〉といった事だけで、どこに司るとかどこの発達を促すだとか、本当に“目から鱗”ですべてが納得いくものでした。

講座後に、実践しながら、色々と考え気付いた事は、運動療育を通して身体づくりや発達の課題に対する補いや促し…といった事ももちろんですが、それよりも、一人の人としてより良く生きていく為のスキル〈 感情や思いの表出・達成感・幸福感・満足感・自己肯定感・力等々 〉や社会の中で共に暮らしていけるスキル〈 ルール・アクション・待つ等々 〉を育んであげたい、それも訓練や練習といった物でなく、運動や遊びを通して自然に楽しみながら育んであげたいのではないかと思っています。

私と関わった子ども達の何らかの成長に繋がり、先の人生の土台になるように、それぞれの子どもに合せた関わり方をして、様々な経験や体験が出来るように運動や遊びを提供していきたいです。

認定チットチャット・コーチ T・Jさん
2020年夏の初級受講から2年かけて上級まで終了しました。その間にチットチャット・スポーツ塾でアルバイト勤務を開始し、講座で学んだことが現場の指導でどのように使われているのかを観察したり、実践したりしてきました。

チットチャット・コーチ養成講座で学んだことはたくさんありますが、非常に奥深いな、と感じています。まさに、自分自身のあり方、生き方に関わるものだからです。そういう意味では、この歳になって新しい扉が次々に開かれた感覚があり、自分はまだまだだな、と思い知らされることも多いです。

目の前のお子さんと関係性を築く、評価やラベリングではなく、相手に興味と好奇心を持って関わることを大切に、これからも学びを続けていきたいと思っています。ありがとうございました。

認定チットチャット・コーチ H.Sさん

チットチャットスポーツ塾に、特別に月二回通わせて頂いた自閉症の男子を小学から高校まで10年間ヘルパーの立場ですが傍で見させてきました。

森嶋先生が風船でバレーボールをしようとして空中へ上げると、風船はその子の頭に触れて地面に落ちる。手で受ける訳でも、叩く訳でも、逃げる訳でもなく『何?これ?』から始まりました。

初めてその状況を目にした私は、何故?どうして反応しない?と思ったものです。障がい者の移動支援・居宅介助ヘルパーとして活動を始めて間がなかった私は、不思議でした。

しかし、これが障がい者にスポーツを体験してもらう必要性があると感じた瞬間でした。この子は、「よーいドン!」で駆け出す練習を体育の時間に日々練習していても、運動会ではのっそのっそと歩きます。走る意味が無いのです。どうして走る必要がある?皆が走っているから?等々

その後も同様な事が長く続きましたが、森嶋先生や清水先生達はどうすれば興味を持ってくれるのか
どうすれば動いてくれるのか、興味を持ってくれるのか、楽しいと思ってくれるのかを、その場その場で臨機応変に考えて演じて引き込んでおられました。

お陰で高校を卒業する頃には卓球も風船バレーも縄跳びも鉄棒も、言い出せばキリがないくらいにこなせる様になりました。それは長い時間でしたが、ひとえにチットチャットのコーチの努力の賜物です。10年間、身近で月二回のそんなスポーツ授業を見てきて、運動をする機会も少なく、それ以上に運動をする興味もする気も無い障害を持った子供達に、スポーツの楽しさや体にとっての重要性を感じ取って欲しいと思っていました。

今回、初級・中級・上級の口座を終えることが出来た事に感謝と感慨深さを感じています。三度の受講で一端のコーチになれるとは思えません。

進め方や内容を自分で考えながら実行する事は勿論、チットチャットスポーツ塾で蓄えてこられたノウハウを少しでも分けて頂いて、機会が有る毎に障がいを持つ子たちにスポーツの楽しさを知ってもらえたらと思っています。

今後とも、少しでも末端まで浸透されて行けるように、チットチャットさんのご協力をお願いしたいと存じます。
有難う御座いました。

認定チットチャット・コーチ S.Mさん

発達障害児を持つ親、保育士として参加させていただきました。

長年、現在もアロマセラピストとして人の体に携わる仕事をしてるという事もあり、結びつくことや納得のいく部分が多々ありつくづく「人のカラダって面白い!」と再確認できました。

初級・中級・上級と講座が進むごとに発達障害への理解が深まり、新しい発見の連続。

息子の発達障害が分かった時に先ずは自分がどんな特性を理解し、説明できるようにしておこうと勉強し始めました。

保育士になって2年目ですが「発達障害」への理解度はまだまだ低いです。でも今・今後この「発達障害」へのサポートは更に重要。独学ではなかなか深めるのが時間がかかる・・・と思ってた時にこの講座を見つけました。

この講座を受けたことで特性や体がどんな状態なのか等々理解が深まり、即実践で使ってます。子育て・保育の仕事・セラピストとして自分のあり方も考えることができ、一石何鳥にもなって得した気分です(笑)

教育者・保育者・子どもと携わる人にはぜひ知っていてほしい内容で理解することで救われる子ども、親たちがいると思います。とても分かりやすく理解の深まる講座でした。

本当に受講させていただいてよかったです!

認定チットチャット・コーチ H.Yさん

職場での個別療育の中でチットチャット運動療法を取り入れ、行っています。
そこに携わる立場として今回の講座を受講させて頂きました。

講座では、チットチャット体操を行うことによる体へのアプローチや呼吸の大切さ、呼吸が生み出す力を実際に体験しながら学びました。

また、コーチ(指導者)としての在り方を学び、type分け指導による一人ひとりに沿った発達支援のポイントも実感しました。

体の仕組みを理解した上で、今後の活動では体を動かし楽しみながら成長を促すチットチャットを目指して指導に取り組みたいです。

とても学びや気づきのある充実した講座でした。
受講させて頂き、ありがとうございました!

認定チットチャット・コーチ T.Yさん

発達障がい児を持つ親として参加させていただきました。

新しい発見がたくさんで、目が回るような時間でしたが、その中でも、見え方、聞こえ方が人それぞれ全然違うんだ、ということを体感できたことが衝撃的でした。自分の目、耳でしか感じたことがないゆえ、視力、聴力検査で異常がない限り、みんな同じ見え方、聞こえ方をしていて、私と同じ感覚なのだ、と思っていたのですが、全くそうではないのです。えっ?!そんな見え方するの?これを同時に聞き取れる人がいるの?と驚きの連続で、決して私の感じ方が「普通」な訳でもなかったのです。

私の息子は、なんとなく普通の動きはできているように見えてしまうため、勘違いされがちで、親の私にも、どんな所で不便さ、苦しさを感じているのか理解できずにいましたが、身体のつくり、仕組みについて教えて頂くことで、少し息子のことを理解できたようにも思えます。

また、お恥ずかしながら、チットチャットに通い始めた当初は、レッスン中、ただ楽しそうに遊んでくださってる…としか感じることができていませんでした。回を重ねるうちに、先生の意図を少しずつ理解でき、どんどんチットチャットファンになっていったのですが、この講座を受講したことで、もっともっと先生からのアプローチの意図を読み取ってレッスンを受けることができるようになり、一緒に生活していく上でのヒントもいただけるのではないかと、ますますこれからレッスンに通わせていただくのが楽しみになりました。

本当に受講させていただいてよかったです!

認定チットチャット・コーチ K.Yさん

チットチャットの活動については、以前からお母さんの中でうわさになるほど内容に興味をもっていました。
初の試みとしてのコーチ講座の一期性になれてことはとてもうれしく思っています。

毎回、様々な視点から身体へのアプローチを考えたり、みんなでワークをしたりと盛りだくさんで毎回、あっという間の講座でした。

今後、チットチャットの運動療法を指導するにあたり、昨日よりも今日、今日よりも明日、成長した自分で子どもたちや保護者の方を迎え入れるように頑張っていきたいと思います。